スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

禁断の爆発ソフトを無料で効果的に使う

今回紹介する AlquadeLite はアプリケーションを高速化するソフトです。
元々はゲーム用に作られたらしいのですが、これを別の目的に利用するのです。

詳細を公開するとクレームが来そうなのでヒントだけ。
・当ブログはアフィリエイトの情報としてアクセスアップ情報を発信してます。
・このソフトを使うアプリケーションはIEです。
・そして、トラフ●●●●●ンジに使います。
(注:トラフ●●●●●ンジでも使用できるものとできないものがあります)

下記はベクターのDLアドレスです。
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se221407.html

IEだけで使うなら無料です。自分で使い方を研究してください。
単純に使うだけなら、カウンターが回る程度の効力ですが、
そこにある無料ソフトをプラスして自動化して、ア●●●●●を仕込むと爆発します。
アドセンスではありませんよ。アドセンスはトラフ●●●●●ンジを使うと警告がきます。
すべて、自己責任で研究されてください。

ちなみに、私は週1回1時間程度使用し、先月は2万円程度の報酬がありました。
私の場合は多用してもしなくても、この程度の報酬です。
うまく応用してもっともっと稼いでる方もいるかもしれません。

スポンサーサイト
2006年09月22日 | 技のメモ帳

アダルトで月どのくらい稼ぐんですか?

今日、せどりで稼いでる後輩が友人というA君を連れて遊びに来ました。
ちなみに、A君は私と初対面でアフィリエイト初心者。
私がアフィリエイトで生活していると聞いて興味をもったらしく、話を聞きたいと後輩に頼み込んだらしいのです。アダルトサイトは稼げると思ったらしくどうしたらいいか聞きたかったのでした。
知らない相手にこういったことは話したくなかったのですが、後輩の顔を立てて会ってみました。

以下、A君との簡単なやりとり
A君「アダルトで月どのくらい稼ぐんですか?」
私 「先月は一番稼ぐサイトで15万くらい、少ないよ。」
A君「自分も半年前からやってるんですけど全然です。何が悪いんですかね。」
私 「毎日1万アクセス集めたらバナーやテキスト広告貼るだけでも月3万位はいくと思うけどアクセスが足らないんじゃない?」
A君「えっ、日に1万アクセスですか?」
私 「アダルトはこれだけ、サイトやブログが乱立してるからその位は集めないと継続して稼ぐのは無理。少ないアクセスで稼ぐならセールス文が特別うまいとか、他にない何かに特出してないとダメじゃないかな。訪問者にアピールできる何かがないなら、とにかくアクセス。ひたすらアクセスを集める作業をする。」
A君「どんな風にやってるんですか?」
私 「みんながやってるようなこと、相互リンク、逆アクセスランキングなんかだよ。」
A君「もっと、他に方法があるんじゃないですか?秘密教えてください。」
私 「じゃあ、友達価格1万円で一番稼ぐURL教えるからそこからすべてパクリなよ。わかんない所だけ後で教えてあげるからさ。」

その後もA君はいくつか聞いてきましたが、1万円払う気がないのでURLもノウハウも教えていません。
本当は彼が財布をだしたら、「冗談だよ、いらないよ」と言って、秘密のテクはともかくURL位は教えるつもりだったのですが、初対面の人にタダでお金儲けの方法を学ぼうという態度にがっかりでした。半年もアダルトサイト運営してそんなかよって感じです。

人脈を利用するのはいいけれど、少々お金を出しても貪欲に学ぼうとする気持ちがない彼には、アクセス増やすためにする地味な作業は続かないかもしれません。
アダルトの場合、巨大・大手サイトに負けないためには、アクセスを集めるが一番と思ってます。
入り込める隙間を見つけることができるならいいのですが・・・。
2006年09月19日 | 雑記

コンテンツをいじりまくってます

ここ数日は見せるコンテンツを作ろうと四苦八苦してます。
いや、クリックさせるコンテンツと言った方が正しいですね。

アドセンス広告に画像を並べてクリック率を上げるテクがあります。
考え方としてはこれと同じです。

そうそう、アクセサリー販売のサイトで赤い宝石の写真を撮るのに背景を同じ赤い布を使って引き立たせるというテクも見たことがあります。
楽天かどっかのショップモールのテナントさんだったかな。

こんな事例を踏まえて自分のコンテンツをいじりまくってます。
結果がわかるのに最低でも1週間ほどは解析してみないといけない。
放置サイトはともかく稼ぐサイトには全力で取り組む。

本当は、こんな風にやったことや考えてることをブログに書いて壁にぶち当たったら気が滅入らないようにしてるおやじです。
・'゚☆。.(ノT△Σ|壁|ガン!! こっこれは使えないようだ!?

久々にビデオで『麻雀放浪記』を見ました。
彼らの稼ぐための貪欲な気持ちの持ち方を直に感じました。
これは20年程前に池袋の映画館で見たときと全く違った印象でした。


2006年09月18日 | アクセスアップ・SEO

『オーバーチュア』 チャンス!チャンス!チャンス!

『オーバーチュア』がやってくれそうです。

『オーバーチュア』を知らないでアフィリエイトやってる方は検索するなどして勉強した方がイイと思いますよ。(これって、よけいなお世話ですか?)

何がチャンスかというと『オーバーチュア』では、掲載ガイドラインの見直しを行い、不当表示に該当するサイトの審査基準をさらに強化し、2006年9月21日(木曜日)より、すでに掲載しているサイトについて、順次掲載を非掲載とする案内メールが『オーバーチュア』の顧客へ送られてます。

私個人としては基準違反公告はバンバン非掲載にして欲しいです。
(利用者の方ゴメンナサイ。でも、基準違反していたのはあなたですから)
まじめに基準を守ってた公告は上位に上がるってことですね。

でも、Yahoo からかなりのサイトが消されることでしょうね。
上位というかPPC公告なんですけどね。
これは、下の方とはいえ大量ページをYahoo に登録されてるサイトは、自分のところがクリックされる確率が格段に高くなるということじゃないか私は判断し、チャンスと思ったわけです。
しかし、こんな形でチャンスが生まれれば、逆の立場の方もいるわけで、キーワード攻略でPPC公告をやってるアフィリエイターは審査が厳しくなるというのはつらい状況じゃないでしょうか?
だって、『オーバーチュア』からの売り上げがなくなるかもしれないってことです。

状況によっては『アドセンス』への移行が増えるかもしれないですね。
『アドセンス』の単価が上がるかもしれません。
今後、どうなるかか注目したいところです。
2006年09月16日 | 情報

他とは違うアドセンスの稼ぎ方

私が運営の、あるサイトにアドセンスを貼ってるのですが、1日1000円前後稼いでくれます。
ここは、アドセンス関係の無料レポートに書いてあるクリック率や単価アップのテクはほとんど実践してません。標準のタグをスペースが空いてるところに貼ってるだけです。
まして、単価が高いキーワードを狙ってるわけでもないです。
正直1クリック0.1ドル前後くらいです。

なぜ、1日1000円前後もとれるかというと。。。。。
 ↓
 ↓
 ↓
煽りメルマガ風に矢印を入れてみました。
 ↓
 ↓
こんな矢印はブログではあんまり意味ないかな?
 ↓
 ↓
稼いでくれてる理由
 ↓
アクセスを追い求めてるサイトだからです。
今日の時点で、2000ページ以上はあります。
ちなみに Yahoo には1500ページが登録されてます。
単純に各々の1ページが1~5個位のアクセスを引っ張ってくればこのクリック数は可能です。
アドセンステクニックに走るよりもサイトを充実させアクセスがあればアドセンスはある程度の報酬はとれます。アクセスを取るテクは必要。

6月頃からだったかな、いくつかのサイトを量産していました。
ただ、1日中HPとブログのページを作っていたのです。
9月に入ってあちこちのサイトで結果が出始めました。

ひたすら作業を続けた結果です。
今人気の”1日○万円稼ぐ”などの情報がどの程度か知りませんが私はこういった地道なサイト・ブログ作りが長く稼いでくれると思います。

ちなみにページ作りは自動作成のツールは使ってないです。
これは、便利で魅了的ですが長続きできるかと不安です。
でも、無料のソフトは使ってます。
ソフトの紹介はまた後日・・・・・
(ソフトのことは当ブログで1回だけ簡単に書きましたけど詳細はまだです)


2006年09月15日 | ASP

アドセンスの公共広告はクリックされても・・・

最近はグーグルアドセンスに関する無料レポートがたくさんでていますね。
やっぱり、クリック率や単価に注目してるものが多いようです。
アフィリエイトにおいてキーワード攻略がブームの今は、アドセンス利用者もかなり増えていることでしょう。

そんな中で気づいたことをひとつ。
アドセンスを貼ってるサイトで公共広告が表示されてる場合を多々見かけます。
これって、損になってること知ってました?
(残念なことに公共広告はクリックされてもお金にならない)

私もうまくアドセンスを運用できずに収益が上がらないとあれやこれや試してた頃、こうゆう場合は代替広告を設定をして回避すると気づくのに、かなり時間を要しました。(勉強不足です)
アドセンスのサイトは熟読しておくべきです、代替広告についてはしっかり書いてありました。

さて、代替広告に何を設定しておくかは各々のサイトのジャンルや提携ASPなどで変わってくると思います。メジャーなのは、電脳卸・アマゾン・ビッダーズなどがあり、支援ツールなどもネットで検索するといくつかでてきます。

私の場合は特殊なジャンル以外はコンテンツマッチ広告のブレイナーで代替しています。
色やサイズの設定がアドセンスとほぼ同じなのでやりやすいのと、代替用に3つ4つ用意しておくとアドセンス設置時にそのURLを挿入するだけで完了してしまうからです。
そしてブレイナーもクリック報酬で、ワンクリック11円~18円程度(私の実績で)なのでまあまあかなと思ってます。

もうひとつ、アドセンスネタがあるので数日中に記事にしたいと思います。
今日はここまで、、、あご髭をきれいに剃ったおやじでした(((`┏O┓´)ヾ

2006年09月10日 | ASP

商品リンクの画像が死んでます

3日午前3時の時点でビッダーズ2.0の商品リンクの画像が死んでます。
もう、12時間以上回復してないですね。
ビッダーズサイト内では、表示されるので外部へのリンクがうまくいってないようです。

こうなってくるとアフィリエイターだけじゃなく、テナントさんも多少なりとも売り上げに響くでしょうね。
面倒だけど、ちょっと様子見て回復しなかったらビッダーズの2.0は外します。
以前のバージョンは問題ないようなのでそちらか、他社(楽天、アマゾン、ヤフーなど)に入れ替えです。

こういったトラブルの時に、スピーディに対処できないと信用なくしますね。
2006年09月03日 | 情報

怒れ! ビッダーズアフィリエイト2.0 の利用者。

ビッダーズが大失敗をやってくれました。
「どーしてくれんだよー」と腹ただしいです。

===以下、ビッダーズよりのメール一部抜粋。===
> 2006年8月9日~29日の間に作成していただいたアフィリエイトリンクの
> 一部で、報酬が発生していない不具合が発生しておりました。
>
> お客様にはご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。
>
> 大変お手数ですが、以下対象アフィリエイトリンクにつきまして
> 新しくリンクを作成し、ご変更くださいますようお願いいたします。
>
> ■■対象アフィリエイトリンク■■
> ・期間:2006年8月9日~29日作成分
> ・対象リンク:バナー、フリーリンク、メールリンク、テキストリンク
>
> なお、不具合対象のアフィリエイトリンクの確認、および変更方法に
> つきましては、下記のURLをご覧ください。
>
> http://www.bidders.co.jp/a20/20060831.html
>
> このたびの不具合につきまして、報酬対象の可能性があるお客様には
> 一律100円を付与させていただいております。
> 付与された報酬につきましては、アフィリエイト報酬明細からご確認
> ください。
>
> 今後は、このようなことが起きないよう、システムの運営体制を見直し、
> 細心の注意をはらい運営してまいります。
>
> 今後とも、アフィリエイト2.0をよろしくお願いいたします。
===ここまで、ビッダーズよりのメール===

私の場合は商品リンクが中心なのですが、それでも影響は小さくありません。
コンテンツ連動型広告も貼っているしね。
簡単に、「新しくリンク作り直せ」なんて書いてあるけどほったらかしブログも含め全部やり直すとかなりの金額と時間のロスになってします。

ブログマッチ広告なんかは使ってる人も多いだろうから、がっくりきているのは私だけじゃないだろう。こんな長い期間報酬が発生しないことに気づかないなんてASPとして失格、信用丸つぶれ。

もうひとつ、ビッダーズ以外です。
人のブログのコメントのURLにアフィリエイトリンクなんか埋め込むな!
ちゃんと、自分のテリトリーで宣伝しろ。
しつこい!日給8万円のアフィリエイター。
2006年09月02日 | 情報

アフィリエイトが難しいジャンルは何だ?

先日、アダルトアフィリエイトも楽じゃないといった記事を書きました。
そしたら、知り合いからメールが来ました。
「一番アフィリエイトが難しいジャンルは何だ?教えろ。」

やさしくもむずしくもある質問です、人によって得意不得意がありますからね。
ちなみに、わたしにとっては『情報商材』ですね。
比較的報酬もよく、儲かるように思うのですが、やってみるとこれが思うように売れないです。

実際に毎月『情報商材』のアフィリエイトで稼ぎまくってる人はいます。
しかし、報酬がいい?『情報商材アフィリエイト』というのは激戦です。
しかも、多くのアフィリエイトの猛者がうごめいているジャンルです。
私が一般のアフィリで月5万円以上稼いでるジャンルは2つですが、『情報商材』ではありません。
というか、最近は『情報商材』ほとんどやっていないので全く売れてないです。

今、人気がある『情報商材』は探さなくてもセールスメルマガがきます。
アフィリエイト関係のブログをサーフィンすればあちらこちらにその商材のセールスページへのリンクがあります。
こんなにたくさんの競合がいるのに継続して太刀打ちできるわけがないと思ったのです。

ひとつの『情報商材』が総数で何個売れるのでしょうか?
それを何人のアフィリエイターが売っているのでしょう?

決して『情報商材』のアフィリエイトを否定しているわけではありません。
ただ、アフィリエイトを始めたばかりの人やアフィリエイトで稼いだことがない人が扱えるものではないと思います。たまたま、ひとつふたつ売れたとしても、『継続して売れるか?稼いでいけるか?』です。狭き門だと思いませんか?

そういったことから、楽天やアマゾンなどの物販と比較したら、厳しいジャンルと思うので、知り合いには『情報商材』と返事しておきました。
2006年09月02日 | 雑記
HOME

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

トラックワード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。