スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

「ほったらかしで○○万円!を稼ぐ」

「ほったらかしで○○万円!を稼ぐ」なんて文句をよく見る。
あの情報の全部がウソではないと思うのだが、説明不足じゃないのかな。

ほったらかしで儲けることができるような仕組みを作り、
その仕組みを設置し、運営できるまでをサポートしているのだろう。

みんな、その仕組みを作るために、努力し、勉強し、実践するのだが、
うまく出来ない人も出てくる、いやそちらの方が大半なのだろう。

つまり、簡単に稼ぐ仕組みを作りあげることができると錯覚して
ノウハウや情報に大金を投資してしまうのじゃないかな。

そこを間違えるとアフィリエイトでは絶対に稼げないし、
自分の勉強不足を棚に挙げ「騙された」という被害者意識を持ってしまう。

逆に、販売者はそこのところをくどい位に説明していないのが実情。
宣伝文句には稼げる効果ばかりが前面に出すぎてるようだ。
スポンサーサイト
2008年03月30日 | アフィリエイトの今後

記事量産、ブログ量産の時代は終わり

多くのアフィリエイターがやっている記事量産、ブログ量産の時代は終わりかけているのではないだろうか?
かくゆう私も未だに、それに近いことをやっているのであるのだが。
最近は、検索エンジンには嫌われ、大した内容もないのでリピーターも無くアクセス数は減る一方。
もちろん、面白いとか有益なブログならば記事もブログも量産していいと思う。
当然、売り上げも上がっていくことだろう。

近い話では、情報商材やレポートの世界も似ているのではないだろうか?
例えば、無料で配布されているものも内容がなければいらない。
「タダであげると言われても、いらないものはいらないのだ。」

ブログも記事も、タダで読めると言っても興味がわかないものは見たくないのだ。
アクセスがあっても、後で読もうかなとブックマークされる位のものを作らないとね。
これからの時代、そういう考えじゃないとアフィリエイターとしては生き残れないと思う。

さらに、突っ込んで、
このブログに来た人はどんなことに興味があるのだろうか?って考えてみる。
アフリエイトの記事を書いてるブログだったら、
アクセスアップ、検索エンジン登録などの方法とか、
ひょっとしたらブログのデザインに興味があったのかも、
ただ、『おやじ、、、』というタイトルに引かれた同年代の人かも、
そしたら、記事のタイトルや内容にいい具合に変化が出てくるかもしれない。

2008年03月27日 | アフィリエイトの今後

ping送信リスト

Ping送信先リストがあっても、それらのPingが生きてなければ意味がない。
自分で時々チェックが必要。
そして、ちゃんと送信できてるか?

http://api.my.yahoo.co.jp/RPC2
http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
http://bulkfeeds.net/rpc
http://blog-search.net/up.php
http://blogstyle.jp/xmlrpc/
http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
http://blog.with2.net/ping.php/
http://blogdb.jp/xmlrpc
http://coreblog.org/ping/
http://ping.blo.gs
http://ping.ask.jp/xmlrpc.m
http://ping.fc2.com/
http://ping.namaan.net/rpc/
http://ping.dendou.jp/
http://ping.blogmura.jp/rpc/
http://ping.bloggers.jp/rpc/
http://ping.rootblog.com/rpc.php
http://ping.exblog.jp/xmlrpc
http://ping.myblog.jp/
http://ping.blo.gs/
http://ping.gpost.info/xmlrpc
http://ping.blogoon.net/
http://ping.rss.drecom.jp/
http://ping.namaan.net/rpc/
http://ping.bloggers.jp/rpc/
http://ping.fc2.com/
http://ping.ask.jp/xmlrpc.m
http://ping.cocolog-nifty.com/xmlrpc
http://ping.amagle.com/
http://rpc.technorati.com/rpc/pinghttp://rpc.blogrolling.com/pinger/
http://rpc.weblogs.com/RPC2
http://rpc.weblogs.com/
http://rpc.blogrolling.com/pinger/
http://sf.livedoor.com/register
http://www.blogoole.com/ping/
http://www.blogpeople.net/servlet/weblogUpdates
2008年03月18日 | 情報

トップクラスのアフィリエイターは

確定申告をいつの間にか妻が完了していました。
さすが、元某企業の経理です。
売り上げは○○円で経費を○○円...専従者給与が○○円などと...簡単に報告は聞きましたが、ほとんどチクワ状態で。。。よくわかんないンです。(恥;)

その時思ったのですが「私は月に○○万円稼ぐ」とか「日給○万円」なんていうセールス文句でアフィエイトノウハウを売っているサイトやブログ、メルマガなどを良く見かけるけど、実際に稼いでアフリで食ってるアフィリエイターはそんなことしないのではないか。
(本当はアフリエイターまがいのノウハウ商材販売者?)

本当に使える・稼げるノウハウを持ってるなら、「売るなんて、人にバラすなんてとんでもない」と思うでしょう。
使い古るして、稼げなくなったジ・エンドに近いノウハウなら売ってもいいかもしれませんが、人としてそんなものでお金をもらうのはどうか?
ノウハウを売るようなことをしなくても、アフリィエイトだけで利益をあげられる手段を知っていますからね。
私に置き換えて言えば、そんなノウハウ商材を作る時間や販売する手間は取りたくないし、同じノウハウが競合して売り上げが減ったり、その寿命を短くすることの方が恐いです。

私みたいにサラリーマン時代に毛が生えたほどの稼ぎしかないアフリエイターがそう思うのだから月に数百万、あるいはそれ以上稼ぐトップクラスのノウハウを持っている人は、絶対に公開しないでしょう。
そんな効率の悪いことはしません。ノウハウで一時的に儲けるよりも継続した儲けを考えるでしょう。
そして、ノウハウを売ることよりも、もっと大きな利益を稼げる手段を考えているのだと思います。

2008年03月18日 | おやじ
HOME

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

トラックワード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。