スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

アフィリエイトURLの小技

メルマガやブラウザの左下のステータスバーなどで異様に長いURLを、見た瞬間「あ、このリンクは絶対アフィリエイトだな」と思われるのはいやですね。

中には本当は購入の気持ちを持っていてもサイトの運営者に手数料がいくことが気に入らないという理由だけで、そこでは購入を見合わせるなど、購買率が低下していることにもありえます。これは、販売チャンスを逃していると思ってるアフィリエイターは多いかもしれません。確かに、自分のアフィリエイトURLで購買が低下するのって悔しいですよね。
また、アフィリエイト用のURLはショップID、商品ID、ユーザーIDなどが付いて長々としたものも珍しくありません。これって、取り扱いにもめんどうだし見た目もよくないですね。

そういったことの対策法があります。
1、一般に多く使われているのがURL圧縮転送プログラムです。
検索エンジンで『URL圧縮』と入力してみると無料や有料のサービスが出てきますので、長いアフィリエイトURLが気になる方は試してみると良いでしょう。
例えば、グーグルで『URL圧縮』検索すると1番目に表示された『QRL.JP』という無料サイトで私の[A8.net]AS会員募集プログラムで試してみてみると。
URL圧縮前
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=U0Q6U+BK60MQ+0K+ZV5HE
URL圧縮後
http://qrl.jp/?211676
とかなり短くすることができました。
デメリットとして、サービスを提供しているサーバーがダウンしたときなどは転送できない場合もあります。

2、ステータスバーにjavascriptを使って自分が好きなように表示することもできます。
例えば、私の[A8.net]AS会員募集プログラムで試用してみてみると。
普通のリンクだけだとhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=U0Q6U+BK60MQ+0K+ZV5HEというようにステータスバーに表示されるはずのものが[A8.net]AS会員募集プログラムとなってるでしょう。
これは、本文中のタグに下記のを埋め込んでいるからです。
これをコピーして使う場合は<>を半角の<>に変えて下さい。
<a href="URL" onmouseover="window.status='ステータスバーに表示させたい文字'; return true"onmouseout="window.status=''; return true">HP上の表示</a>

3、1や2にように毎回タグを変えるのはめんどうという方は1回の設定でステータスバーにURLを表示させないという方法もあります。これも、下記のようなjavascriptを使います。
ステータスバーに、文字を流してURLを出さないというお気楽な考え方です。
アダルトサイトなどで、騙しリンクのURLを見せないようにするときによく見る手法ですね。

これをコピーして使う場合は<>を半角の<>に変えて下さい。
ソースは<head>と</head>の中に入れてください。

<SCRIPT LANGUAGE="JavaScript">
<!--
var spead = 300//←メッセージの流れる速さ変更可能
var m1="メッセージ1"
var m2="メッセージ2"
var m3="メッセージ3"
var m4="メッセージ4"
var m5="メッセージ5"//←メッセージ数変更可能
var msg=m1+m2+m3+m4+m5//←メッセージ数変更したときはココも追加変更
msg=msg+msg
function statusMsg(){
setTimeout("statusMsg()",spead);
msg=msg.substring(2,msg.length)+msg.substring(0,2);
window.status=msg
}
statusMsg()
//-->
</SCRIPT>
スポンサーサイト

2006年02月27日 | 技のメモ帳
コメント
はじめまして
「ネットビジネス指南塾」管理人・ピンクのマティスと申します。
ランキングから来ました。

今日は挨拶だけして帰ります。

その前にポチッと応援!

ネットビジネス指南塾
http://businessmatisse.blog52.fc2.com/
ピンクのマティス URL 2006年03月01日 00:12:03 編集

管理者だけに表示する
HOME

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

トラックワード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。