スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

ネットニュースから妄想

NTT東日本は、共有ファイルへのアクセスやメール送信、ウェブ閲覧、プログラムの起動などの操作において、規定に違反したPCをネットワークから遮断する「不正操作制御ソリューション」の提供開始。

このシステムは、社内ネットワークに接続されたクライアントPCからの操作ログを集中管理し、違反を検出するとサーバから自動的にクライアントPCをネットワークから切り離す。プログラム起動も監視できるため、ファイル交換ソフトなどの利用も防げるという。クライアントPCの制御には、VPNとパーソナルファイアウォールを使用し、ルールの追加や削除、変更はすべてサーバ側でおこなうため、ルールの見直しが柔軟に行えるとしている。

つまり、一部の悪者を退治するため、全部のことを1ヶ所で自分達の都合いいように管理すること。
そのうち、社内ネットワーク以外の個人(一般)のネット接続(プロバイダ)にも、このようなネットワーク管理が広がってくることを予想できる?
そうなると、ウィニー(Winny)などのファイル共有ソフトや交換ソフトだけでなく、一般ユーザーが普通に使ってる、串(プロクシ)やダウンローダーなどにも、利用制限がかかることもありうる。
実際、ニフティやぷららはファイル共有ソフトの利用制限やってるよね。
今後、インターネットの世界で『管理』『制限』『規定』などをどんどん強めていくとどうなるのか怖い!

妄想?が激しい私は、つい大げさに、未来SF映画のように、ネットワークで個人の動きを管理されることを考えてしまう。

例えば、私がネットサーフィン中にたまたま『腹○時計(はら○らとけい)』みたいなサイトを見つけて閲覧してしまったとしよう。
このアクセスデータが、公安かどっかに流れて、爆弾闘争とか反日武装の分子として痛くもない腹をさぐられるとか~~
 ●~* チチチ ( ̄□ ̄|||!こんな所に爆弾がぁっ!やっぱり、アクセスログの通りかぁー。

・・今日はネットニュースから妄想してしまった。・・・('-Д-`)ヘ 失礼しました。
スポンサーサイト

2006年04月21日 | 情報
コメント
こんにちは、フィリーです。

すばらしい想像力ですねw
でもその恐れが100%無い訳ではないので、少し怖いです。
現実にならないことを祈りましょう。

それでは。
はじめまして!
先日ブログを開設しました。
よろしかったらちょっとのぞいて見てください。
アドバイスコメント等大歓迎です。
また、遊びに行きます。
stayup URL 2006年04月21日 15:03:00 編集

管理者だけに表示する
HOME

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

トラックワード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。