スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

楽天とビッダーズその2

前の『楽天とビッダーズ』という記事で、楽天の破棄率が高いことが不思議だ。と書きました。
すべてではないと思いますが、下記のことが調べてみてわかりました。

①オークションやフリマでは入札した時点で売上にカウントされるのに、確定されるのは落札できた人だけの売上。
落札できなかった分は破棄として計上されるみたいです。

これだけでも、かなり売り上げとして計上されるので破棄率が上がって当然かなと思います。
ショップから、オークションの案内メールはけっこう小まめにきてますもんね。
安く落札できたらラッキーと冷やかし半分の入札の人も多いでしょう。

②1回目の商品購入でクッキーはすぐ無効になる。
つまり、複数注文があった際に最初の注文だけアフィリエイト報酬が発生するというのが楽天の元々のシステム。
ただ、この件について二つ目以降の注文がカウントされるのかどうかはまだ正確に調べてませんので破棄率に影響があるかは未確認です。
ちなみに関連する検証として、私の7月・8月の確定レポートを再度確認してみると楽天トラベルが一番破棄が多かったです。
目に付いたものとして、同日の売り上げで楽天トラベル→確定、楽天チケット→破棄、高速バス予約→破棄といったようなことがいくつか見られました。
このような感じで1つ目の注文→確定、2つ目の注文→破棄といして破棄率があがったんではないでしょうか。
あくまで、予想です。確認はできてません。

今回の検証は、旅行関係のブログとHPを運営してることもあって楽天トラベルだけで売り上げが7月46万円、8月は93万円ほどあったのでけっこう比較できました。
そうそう、8月にカードで楽天トラベル利用してくれた人の売り上げは、10月の半ばも過ぎたのにまだ未確定です。
たぶん、11月10日に確定するんでしょうね。(遅っ)
スポンサーサイト

2006年10月19日 | 情報
コメント

管理者だけに表示する
HOME

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

トラックワード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。