スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

『数値実体参照』に変換できるページ

今まで、このブログの記事でHTMLタグをそのまま表示させたい時、「<」「>」を全角にしてタグが機能しないようにしていました。
ある方から、『数値実体参照』に変換する方法をメールいただきました。
ありがとうございます。

実は私もこういった方法があることは、知ってはいました。
でも、この方法はWEB上では問題なく同じに表示されるのですが、日本語を数値実体参照に変換させて記述した場合、検索エンジンはソースを読んでキーワードを拾うだけなので、変換した言葉は検索エンジンに拾われません。
これがいやだったので『数値実体参照』は使ってませんでした。
(怠慢せず、HTMLタグだけ変換しろよ!と言われそうです)

また、タグの一部である「<」「>」だけを「&lt;」「&gt;」でいちいち記述するという方法もあるのですが、それも面倒だっただけなのです。
記事を読んでいる方には『数値実体参照』に変換する方法を知りたい方もおられるでしょうから、文字列 → 数値実体参照変換が簡単にできるページを書いておきます。
ここなら『数値実体参照』を全く知らない人でも超簡単にできます。
下記ページ紹介しときますので、管理人さんの迷惑にならないようにお願いします。
http://code.cside.com/3rdpage/jp/entity/converter.html

最初に『数値実体参照』に変換するデメリットで変換した言葉は検索エンジンに拾われませんと書きましたが、デメリットはそれだけではないのです。
エントリー内や記事タイトルなどにこれらの実体参照で記述されていない特殊文字を含んでいた場合、RSSリーダーで正常に取得できなかったりしますし、更新pingの送信がうまくいかなかったりする事があります。

では、ブログの記事でタグが機能しないようにする以外のメリットはというとメールアドレス等をエンティティコード(数値文字実体参照)に変換して書き換える方法で、メールアドレス等が自動収集プログラムなどから見つかり難くなります。
つまり、HPやブログで見た目は普通のメールアドレスなのにソフトはメールアドレスとして認識できないわけです。

さらに、裏ワザ的なものとしてGoogleアドセンスなどのHPやブログ内のキーワードを読み込む広告には禁止ワードがあります。この禁止ワードを『数値実体参照』に変換しておくと禁止キーワードと広告を同時に掲載できるということになります。
このワザはあくまで話のネタです、実行してばれてアカウント削除されても当方はしりませんよ。
スポンサーサイト

2006年04月07日 | 技のメモ帳
コメント

管理者だけに表示する
こんにちは。おやじ、怒りのアフィリエイト 『数値実体参照』に変換できるページを興味深く読ませていただきました。勉強になりました。実体参照文字、難しいですよね。
はろーねっと 2006年04月16日 19:44:23
HOME

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

トラックワード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。